スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2011.08.19 Friday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    震災と原発 麻痺した社会心理

    0
       
      震災から5ヶ月以上が過ぎました。



      時間が経過するにつれ、

      心の中で風化していく自分があり、社会の傾向があることに

      あらためて気付かされました。




      先般の報道で、原発の現場では非常に高い放射線量を計測する

      場所があると告げられました。

      30分間人間がそこにいるだけで死に至る線量

      しかも屋外にあると。



      後になって、どんどん発覚する信じられない内容。

      しかし、今となっては、その内容に麻痺してしまっている自分があります。



      震災が起きる前は、些細な故障や、不具合でも過敏に報道されていた原発が

      そこから考えられない事態の内容でも、現在はあまり敏感に感じない。



      実際屋外に人間を死に至らせる線量がある。

      それだけではありません。

      東京都内でも、溝や雨どいの集溜部分には、今までには考えられない基準値の

      線量が計測される。



      震災当初の発表「安全です」「直ちに影響は無い」

      などの繰り返し語られた内容が、

      今になってとんでもない内容が発覚してくる。



      しかし、震災直後に報道された内容の「安全です」

      洗脳されて今まで経過した風潮に、

      改めて警鐘を鳴らさなければならないと感じます。



      市民レベルで、小さな子供を持つ親御さんを中心とした

      活動が取り上げられますが、その労に頭が下がります。




      しかし、現状として、今現在の必要な生活があり、

      経済活動があり、現実にはすぐに退避するほどの労力と

      現実環境にはありません。



      社会は刻々と進んでいます。



      汚れてしまった土壌や作物、更には人体。

      今後、長期の視点で見る将来どのような課題が出てくるのでしょうか。




      現実を受け入れ、熟慮する自分と、

      身体の内側にしっかり目を向け、自らが責任を持つこと。



      まずはここからでしょうか。





      ビジョンを持つことの効用

      0
         

        先を見定めることで、病を越えていく




        ◆良いビジョンをもつこと



        人間は、思い込みが大事な部分があります。


        すでに良くなっている状態での自分像を明確にすること。


        例えば、その時は自分は何をしているのか。

        さらに言うと、何をするためにその時自分は存在しているのか。


        を、考えます。





        ◆もつべきビジョンの内容とは



        しかし、そこでの自分は何をしているのかの「内容」が大事になります。



        単に「今の状況を改善したい、逃れたい」「楽になりたい」「“症状”が良くなりたい」


        というものではなく、



        もっと建設的で、長い目で自分を冷静に見つめ、

        自分がやるべきこと、やりたいこと、

        具体的な仕事や、生活スタイル、



        すなわち、自分が良くなったとき

        「何を信条として使命として、具体的に何をしているか」



        明確にビジョンを持つことが大事だと思います。





        ◆こころの中はすでに将来のビジョンをもつ



        今現在の、身体の状態や症状は辛くても、


        こころの中は、妄想でも、仮想でもいい、


        立派なコンセプトや信条を身につけている状態、


        そのこころの状態に持っていくことが大事になってくると思います。





        ◆わたしの経験



        私は、重度のアトピーで、白内障が重症化し、一切視力が出ず、入院していました。


        しかし、その時担当した看護師さんに、自分の将来の夢ややりたい信条を

        熱く語っていたようです。



        その後、その看護師さんに「あの頃は、あのようなことをよく語っていましたよ」

        と指摘されたことがあります。



        その時語っていた内容が現在の私の仕事内容そのものとして現実化し、


        その時は「僕は将来、医療施設でケースワーカーになるんです」と語っていたようです。





        ◆しっかり将来を見据えて


        たとえ、実現しなくても


        自分にとって信条の持てる、誇れる、将来の明確なビジョンを持つこと、




        その時点で自分の症状は改善しているレベルに入るのではないでしょうか






        悪化か良化か

        0
           
          ◆いまをどのように捉えているか



          「いま自分の症状は悪化している。」

          そう感じている方は、多いと思います。




          身体的な皮膚の状態に加え、


          様々な生活上の支障や、心理的、社会的ストレスによって


          自分の状況に対する捉え方も変わるでしょう。





          ◆「良化」の意味



          しかし、自分の身体を、もっと長い、大きな視点で見ると

          良化している」と捉えられないでしょうか。




          症状には波があって、一旦は治まったり、


          またひどくなったり、季節や環境などにも


          左右されたり、いろいろな要素もあるでしょうが、





          人間の「病気」というものは、


          大きな視点で見ると、人間を更に健康にさせたり、


          強くさせたり学ばせたり変わらせたり


          いろいろな意味ある「良化」を導く機会を与えていると思います。





          ◆身体に感じる感覚と「良化」




          皮膚から出てくる滲出液をじっと見つめていると、


          身体の中からの叫びとして、「出したい」という


          感触を感じます。





          なにか自分の悪いもの(物質でも、精神的なこだわりでも)を


          皮膚からかゆみを媒体として、押し出している






          ◆身体は必ず良くしてくれる




          長い時間がかかるかもしれないが、


          「きっと健康になって、身体もこころもきれいにしたい」


          そう身体の意思が働いている





          一度そのように、気持ちを切り替えてはどうだろうか。










          こだわりや執着がもたらすもの

          0
             

            「最近、こころの問題について書いてないですね…」


            と、ご指摘をいただきましたので、少し書いてみたいと思います。





            ◆アトピーとこころの葛藤




            この病気になると、様々なこころの葛藤や


            もどかしさ、苦しみや苦労などを体験することとなります。




            その中で、とても大事でもあり、むずかしいこころの状態に


            こだわってしまう、ある種の状態に執着してしまう


            というこころの状態があると思います。





            具体的に言うと、


            「なんで、こんな状態が続くのだろう…」

            「いつまで続くのだろう…」

            「こんな顔じゃとても嫌」

            「どうしてだろう…」

            「なんで私だけなんだろう」

            というような、考えや思いが必要以上に繰り返される状態





            本人にしてみれば、無理もありません。


            「一日も早く良くなりたい。普通になりたい。もどりたい。」


            という強い思いが根底に常にあるかもしれません。







            ◆大学時代の友人について



            私の大学時代の友人にアトピーの女の子がいました。


            同じ年齢なので、お互いに「がんばろうね、辛いよね」


            と声を掛け合っていました。





            しかし、その友人は、いとも簡単に改善に向かっていき、


            卒業後には、多少の痕は残るものの、普通の美しい状態で


            OL生活をエンジョイするまでになりました。




            帰国子女であった彼女は、性格は明るく、気さくで、

            何よりもこだわりがなくあっけらかんとしている性格

            傍から感じることができました。



            何事も前向きで、チャレンジ精神のある彼女の性格に


            とてもうらやましく感じていました。







            ◆「こだわらない」を天性とする強み




            いま、思いますと、あのような彼女の性格


            改善に大きく強みになったのだなと思います。




            彼女は、アトピーの状態や状況は私と同じでも、


            アトピーの辛さよりも、友人と楽しんだり


            興味のあることに没頭したり、自分の夢を追って取り組むことに


            精一杯向かっていました。





            アトピーに対しては、予想以上にさらりとした感想や思いが


            返ってきたことを思い出します。






            一方で、いつも自分の症状にこだわったり、考えこんだり、


            そのことばっかり考えていた自分を思い返すと、


            彼女との違いがハッキリします。







            ◆ある程度のこだわりや執着も必要




            しかし、「まったく自分の状態や、状況に対しては無関心」


            という性格は少し問題があります。



            やはり、どこか自分に対して、関心があり、ある程度のこだわりがある、


            という性格にして初めて、他者に対するこだわりや興味、優しさが生まれます。






            ◆こだわりを超えて、その先に勝ち取れるもの




            やはり、この病気を経験することで体験する


            ある種のこだわり執着心と、ある程度の必要な心労



            必要な経験であると思います。





            この苦労や経験を通して得ること、そしてその先にある


            「これでも大丈夫じゃないか」

            「そんなこだわらなくてもいい」

            「なんとかなる」

            「気にしない」


            というような、執着やこだわりを開放したこころの成長が達成できたとき、


            この病を経験することで勝ち取ることの出来る



            重要な経験となり、




            そこに向かうこころの成長が、本当の意味でこの病を克服することであり、



            自他共に納得の出来る、自己成長を可能とすることではないでしょうか
















            食事とアレルゲンについて考える

            0
               
              ◆ある中学生の話



              昔の話ですが、あるアトピーの中学生とその親御さんと話です。



              そのお母さんは、アレルゲン検査を行なったが、


              アレルゲンで「お米」と指摘された。



              今後の食事内容どうしようかと悩んでいる…と。



              一番の成長ざかりの男の子が、

              米を食べられない」という事態をどうすればいいのか。



              「もうアメリカ人になるしかないですね」

              と冗談も言えないほどの心境でした。






              ◆アレルゲン検査の難しさ



              アレルゲン検査と、その考え方を真っ向から否定することではありませんが、


              検査をして、その結果が出た時点から、全くの食事内容が変わってしまう。




              極端に言うと、アレルゲンにアレルギー化してしまう。


              という現象のケースがあります。





              ◆アレルゲンとこころの関係



              その対象に対して、意識の枠組み、


              すなわち観念としてアレルギー化してしまう


              精神的影響も大きいのではないのでしょうか。






              ◆本来は自然な食生活が目標



              必要な最低限の除去、という考え方は賛成しますが、


              極端な負担やストレス身体には逆効果になりかねません。



              しかも、ご自身の好きな食べ物であった場合には、致命的です。




              やはり目指すところは、


              様々な食材を健康的に美味しく摂取することが出来ること。



              多少のアレルゲンでも、それに強くなるこころと身体を作ること。



              そこを目指したいです。




              極度のコントロールは咲け、常識的な食事をする。






              ◆身体の求めによくこころを傾ける(観念で食べない)



              それゆえに、「アレルゲンはこれ」と情報が入ることで、


              身体の本当の求めに充分目を向けず、頭で観念化してしまう。



              このような食事をとるような行為はどうかと思います。






              ◆意識を変える、強くなる



              過敏に恐れず、少々痒くても大丈夫



              普通に食事をしているほうが楽しい



              と言うような、考え方をおもちのほうがいいのではと思います。


              野菜と皮膚の関係について

              0
                 
                前回に引き続き、食事について書いてみようと思います。



                前回は「野菜のすすめ」を書きましたが、

                さまざまな栄養学的側面や、調理法、健康法の視点があると思いますが、


                ここでは、私が体験した感覚、感触に基づいて書いてみようと思います。




                ◆あるお婆さんの一言



                高校から大学時代だと思いますが、

                症状が悪化し、さまざま視点から自分のあり方を模索していました。



                そんなあるとき、あるおばあさんが、


                「あんたもっと野菜を食べないといけないよ」と声をかけてくれました。




                それまでは食事内容、すなわち食べ方など一切考えたことはなく、


                オーガニックなどの身体に害のないものに対する重要性は認識していましたが、



                具体的な食べる種類(何を選択するか)については、理解が浅く、

                菓子パンや、普通の若者層が好んで食べるような内容の食事でした。





                ◆野菜を意識した食事の開始



                しかし、そのおばあさんの言葉がとても心に響きました。



                母にお願いして、多めの野菜や、必ずサラダをつけるように

                協力してくれました。



                特に揚げ物や炒め物、肉などの油の多い時には、

                口の中、もっと言えば身体の中を中和するイメージ、

                洗い流すイメージで、多くの野菜を同時に摂取するようにしました。





                ◆食事内容と皮膚の感触



                油や糖分の多い食事に偏ると、身体が酸化する感じで、

                皮膚の感触や状態もいい感じがしませんでした。




                一方で野菜を多く摂取し、

                口の中も身体の中もスッキリする感触のときは、


                皮膚もスッキリし、浮腫みが少なく、引き締まった感触をおぼえていました。





                ◆自分が身体で感じた食事の考え方



                以上はあくまで、自分が感じ、体験した感触の話です。



                いま思うと、具体的な栄養素もあるでしょうし、

                その辺は専門的な立場からのエビデンスもあるでしょう。



                さらにいうと、やっぱり野菜や米は、土からそのまま生まれたもの

                その土のエネルギー、すなわちそこから生まれた生命の状態をそのまま食べることに近い。




                肉などは、飼料を一旦動物に取り込まれた生成物

                加工食品になると、更にだんだん土から遠ざかって行く。





                ◆食材の生命力と食べる環境



                やはり、人間は基本的には土(大地)に一番近いものを

                生命力として摂取するのが理想なのかもしれません。




                更に大事なことは、仲間や家族などと一緒に楽しく美味しく食べる。


                こころから食事を愉しむこと。


                それが一番大事なことだと思っています。







                次は、食事に関するアレルギーについて書いてみようと思います。



                g






                食事に向かう姿勢について

                0
                   
                  ◆ある来院者


                  先般、アトピーの食生活に関する啓蒙活動をしてらっしゃる方が、

                  私の勤務する施設に見学にいらしゃいました。



                  マクロビを中心とした考え方を中心にして

                  料理教室やカウンセリングをされているようで、

                  その精力的な活動に感服いたしました。




                  ◆私の食事に対する思い



                  私は基本的な生活習慣指導を行ないますが、さらに踏み込んだ食指導は

                  行なっていません。


                  しかし、アトピーについての「食事」の考え方は

                  専門的な視点からでなく、経験から感じているものを書いてみようと思います。




                  基本的な栄養学の視点からの、控えるもの、推奨されるもの、もあるでしょうし、

                  さまざまな食事療法や○○法など、健康法としての考えもあるでしょう。




                  私が実際に食事をしつつ、身体やこころで「いいな」と思った内容は以下の基本軸だと

                  思っています。



                  ゞ肪爾弊限をしない。(自分に食事ストレスを課さない)

                  ∈把禪造隆靄椒襦璽襪呂さえる(油のとりすぎ、白糖類のとりすぎに注意する)

                  L邵擇寮儷謀な摂取は、身体と気持ちにとてもいい

                  ぐ汰瓦平材を意識する(添加物、加工食品、人工物はよくない)

                  ゥ▲譽襯殴鵑あっても、最終的にはそれをも摂取できる通常の身体を目指したい




                  ◆ゆとりのある食事と健康が重要



                  基本的に目指すところは、通常の健康体のように


                  普通に食生活を「楽しむ」こころと身体になることが重要だと思います。



                  当然のように旬の鮮度のいい野菜を軸に米を食べ、

                  安全性を意識した食事内容を基本軸としますが、


                  皆さんが通常の生活で楽しいと思えたり、美味しいと思える食事

                  が基本的にできることが重要だと思っています。




                  ◆私の体験



                  私の当時症状がひどいときは、むしょうに野菜を食べていました。


                  通常のおかず、食事内容とともに、キャベツのみじん切りやレタスなどの野菜を

                  ほんとうに沢山食べていました。

                  極端にいうと食事時の水分補給的な感覚で食べていました。(当時の母に感謝)



                  身体が求めていたのでしょうか。

                  なにか、これで身体がいい感じがしていました。


                  舌の感覚も変わってきます。正常というか、濃いものでなくても大丈夫というか




                  ◆食事もこころと身体の両面から



                  一方で菓子パンや、清涼飲料水などは、症状を助長していたように思います。


                  でも、正直言うと、身体が熱っぽくで、清涼飲料水などは喉ごしがよくて、

                  よく飲んでいましたし、甘いものをよく欲していました。




                  このような内容は悪いのはしょうがないのですが、

                  こころの安定には、必要な部分もあると認識しています。


                  こころの欲求に応えながらも、しっかり認識して食べる

                  というスタンスが基本かなと思っています。





                  次は、

                  なぜ野菜がよかったのか?


                  そこに含まれている大地の生命力というか

                  身体に与えてくれる力や癒しについて感じた感覚みたいのものを

                  書いてみようと思っています。














                  身体は薬を必要とするか

                  0
                     

                    ここでいう「薬」とは、一般に言うステロイドなどの塗布薬や

                    内服も含めた西洋医学的な治療として使う薬のことを一応指すことにします。




                    ◆身体は薬を求めているだろうか


                    自分の身体によくこころを傾けてみると、

                    気持ちを向けてみると、

                    更には身体の欲求にこころを合わせてみると、



                    本当に身体は薬を求めているだろうか。 

                    と考えます。





                    ◆体験して感じる感覚



                    重度のアトピーを体験すると、

                    中から出てくる。どうしても押し出したい。

                    身体から出るものを止めないでほしい。


                    という感覚を感じます。



                    身体は、やはり健康になろうとしているし、

                    それゆえに、中から毒素を出したいと働くのではと感じます。




                    ◆薬を求めるのはだれ


                    では、薬を求めているのは、誰か。


                    それは自分の自我、すなわち、自分のこころの一部分が作用しているかもしてれません。



                    自分の認知の中に、

                    「こうあってほしい、これが自分の求める皮膚の状態、」

                    「見られている、仕事に差し支える、他者になんと思われるだろうか…

                     きれいな自分象」、など



                    自分の持つ価値観や、社会的事情など

                    さまざま自我がむくむくとわき上がってきます。



                    更には、治療に対する情報の選択や、判断基準もあるでしょう。



                    それゆえに、おとなのアトピーは少し、難しく、辛いところです。





                    ◆辛抱して、身体と向き合う



                    自分の認知や価値観を変えること、

                    辛い症状に真向かいながらも、

                    身体のリズムや状態に付き合うこと、



                    辛抱と我慢が必要かもしれませんが、

                    自分の自我や、小さな価値観が、


                    症状の改善を妨げないようにしたいものです











                    超激安のインクカートリッジのお店です。
                    今なら100ポイントゲット!送料無料!1年保証!【インクナビ】

                    土も身体も汚さない(農業とアトピー)

                    0
                       
                      ◆私の考える有機農法の定義



                      有機農法にはその程度や内容によって


                      まだまだその定義に問題があると思いますが、


                      突き詰めると、究極は

                      土本来の力を発揮すること」だと思っています。




                      すなわち、自然界の循環で自然に得られる

                      エネルギーや水、たい肥などで生育することだと思っています。



                      そこには人工的に作られた、化学肥料や農薬は必要としませんし、

                      なによりも土を汚さないこと。


                      本来の土の姿で、作物を生育することだと考えます。




                      これは食の安全の視点からも当然のことですし、

                      今回の原発問題は極端ですが、

                      土と化学物質の怖さを痛感する出来事でした。




                      ◆人間の身体も汚さない



                      これは、人間の身体にも同様に当てはまるように思います。


                      すなわち、人間の身体も汚さない

                      体内に化学物質を入れない、ということになります。




                      清浄な土ではじめてその力を発揮し、生命力ある作物を育てる。


                      人間の身体も同様で、

                      (化学物質や代謝が落ちで溜まる老廃物などが極力ない状態)

                      すなわち、「清浄な身体」であれば

                      身体の自然治癒力とか、活力、生命力を発揮するように思います。




                      ◆自らの身体に問う、安全を問う



                      医療を極端に否定するつもりはありませんし、

                      適切な処置は当然のように必要ですが、


                      自らの身体によく気持ちを研ぎ澄ませ、

                      身体の求めに注目することなく、

                      単に受け身のように、科学的処置を試みる姿勢については、

                      すこし納得できないように感じています。




                      ◆身体の清浄化と皮膚病



                      身体はそれ自体、清浄な身体を本質的に求めているでしょうし、

                      それゆえに、皮膚を通じて、体外へ排泄したいという

                      その衝動が、皮膚の病として顕れているように思います。





                      ◆環境問題と、身体の問題



                      環境汚染が今後も長い年月をかけて

                      その問題に取り組む課題を日本は背負いました。



                      しかし一方で、近代生活によって人間の身体とその体質を変えてしまった

                      現代人の身体に対する課題に対しても、



                      清浄な身体を作る」という取り組みは大きな課題だと思います。





                      有機農法とアトピー

                      0
                         
                        今回は、農業について触れてみたいと思います。



                        ◆身体に対する「有機農法」


                        表題の「有機農法」と書くと一般に「オーガニック」と表現して、

                        アトピーの視点からいうと「身体に安全なもの」として、

                        意識して消費したり、選択したり、すすめたりする方も多く見られます。



                        この身体に対する配慮という視点での食事内容や、有機野菜、自然食品

                        の論議は、当然のごとく皆さんがよく勉強されています。




                        ◆「有機農法」について



                        今回は、そこから一歩進んで、その「コンセプト」について

                        思うところ、感じるところを書いてみたいと思います。




                        この有機農法は、生活スタイルや環境の視点からも「LOHAS」をはじめ

                        海外の動向を見ても、ステータスとしての認知が高まっています。




                        中には、アトピー性皮膚炎や様々な病を乗り越えた後に、

                        この農業、特に「有機農業」に打ち込む方が増えているように思います。



                        最近は、そのようなご自身のポリシーや活動を「ブログ」にアップされている

                        機会をよく見かけるようになりました。



                        このような流れも、当然のように感じます。




                        ◆「身体」と「土」のオーバーラップ



                        この有機農業の始められた方の中には、

                        ご自身の病気をきっかけに、この食材を利用したり、触れられたりなどを

                        きっかけにされる方もいらっしゃるでしょう。




                        さらに言うと、ご自身の病を通じて、乗り越えてみての感覚や、

                        体得したからだの原理やポリシーみたいなものが、


                        「土」に対するポリシーとしてオーバーラップしたところがあるのでは、と思います。




                        ◆「有機農法」の今後の課題


                        「有機農法」に対しては、様々な考え方やその基準があり、

                        まだまだ統一化されていない部分もたくさんあります。

                        一般にはJAS法が基本でしょうが、これからも様々な分野で論議されるでしょう。

                        (私は素人なのでまだ勉強不足ですが)




                        ◆「有機農法」の理念と身体の関係



                        しかし、この考えの本質に、「土を尊ぶ」「土本来のエネルギーに着目する

                        さらには、「土を汚さない」という理念があるように思います。




                        この「土」と人間の「身体」を同様な捉え方として見ると、



                        健康の本質に「身体を尊ぶ」「身体のエネルギーに着目する」さらには

                        身体を汚さない」というふうになるのではと思います。





                        ◆健康と農業の喜び


                        このような理念をもとに、身体に対する実感やポリシーを掴んだ方、

                        そして、有機農業を実践されている方は、

                        この「身体」を「」に置き換え、


                        そこに作物という生命を育む喜び、すなわち、

                        健康をいただくという喜びを


                        ひとつのものとして味わうことができるのではないでしょうか。




                        ◆清浄な大地と人間の健康


                        それゆえに安全で清潔な「土」すなわち、

                        大地のエネルギーに触れる喜びや癒し、

                        そこに「健康」を感じることができるのかもしれません。




                        そこには、人間の本質的な健康と、

                        大地(環境)の健康が共存すると思います。





                        calendar

                        S M T W T F S
                             12
                        3456789
                        10111213141516
                        17181920212223
                        24252627282930
                        << September 2017 >>

                        リンク

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recent comment

                        recent trackback

                        links

                        profile

                        search this site.

                        PR