スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2011.08.19 Friday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    ビジョンを持つことの効用

    0
       

      先を見定めることで、病を越えていく




      ◆良いビジョンをもつこと



      人間は、思い込みが大事な部分があります。


      すでに良くなっている状態での自分像を明確にすること。


      例えば、その時は自分は何をしているのか。

      さらに言うと、何をするためにその時自分は存在しているのか。


      を、考えます。





      ◆もつべきビジョンの内容とは



      しかし、そこでの自分は何をしているのかの「内容」が大事になります。



      単に「今の状況を改善したい、逃れたい」「楽になりたい」「“症状”が良くなりたい」


      というものではなく、



      もっと建設的で、長い目で自分を冷静に見つめ、

      自分がやるべきこと、やりたいこと、

      具体的な仕事や、生活スタイル、



      すなわち、自分が良くなったとき

      「何を信条として使命として、具体的に何をしているか」



      明確にビジョンを持つことが大事だと思います。





      ◆こころの中はすでに将来のビジョンをもつ



      今現在の、身体の状態や症状は辛くても、


      こころの中は、妄想でも、仮想でもいい、


      立派なコンセプトや信条を身につけている状態、


      そのこころの状態に持っていくことが大事になってくると思います。





      ◆わたしの経験



      私は、重度のアトピーで、白内障が重症化し、一切視力が出ず、入院していました。


      しかし、その時担当した看護師さんに、自分の将来の夢ややりたい信条を

      熱く語っていたようです。



      その後、その看護師さんに「あの頃は、あのようなことをよく語っていましたよ」

      と指摘されたことがあります。



      その時語っていた内容が現在の私の仕事内容そのものとして現実化し、


      その時は「僕は将来、医療施設でケースワーカーになるんです」と語っていたようです。





      ◆しっかり将来を見据えて


      たとえ、実現しなくても


      自分にとって信条の持てる、誇れる、将来の明確なビジョンを持つこと、




      その時点で自分の症状は改善しているレベルに入るのではないでしょうか






      スポンサーサイト

      0
        • 2011.08.19 Friday
        • -
        • 18:45
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        calendar

        S M T W T F S
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        293031    
        << October 2017 >>

        リンク

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        recent trackback

        links

        profile

        search this site.

        PR