スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2011.08.19 Friday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    「かならず治る」

    0
      ときおり、よく言われる言葉がある。
      「本当に女性のようなきれいな手をしてますね…」と。

      客観的に見ると、私の手(甲)は、女性のように艶やかで、やわらかく、
      小さく、きれいな肌色をしているらしい。
      私は40歳で、男性である。

      これは、よくある水商売のオネーチャンにお世辞を含めた会話のネタとして
      言われたことではない。(実際に言われるかもしれないが)

      20代の重度症状のころは、分かる人は分かると思うが、手の甲は乾燥し、肥厚し、「象の肌」である。
      「象」ならまだいいが、指のしわに沿って割れる。出血する。曲げると激痛する。
      更には、指の間から滲出液が出てくる。当然生活に支障が出る。水に触れれない。

      なぜ、ここまで皮膚が変化したのか。いや、本来の自分本来の肌になったのか。
      何かの特効薬や治療法があったのか。それがあれば、皆こぞって求め、手にしている。

      確かに効果のある治療薬や治療は沢山ある。一時的によくなる方法も沢山ある。
      しかし、実感として「これが自分の肌だ」と永続的に感じられる皮膚を本当に得られたか。
      人から客観的に「きれいな手…」と言われるたびにその喜びと不思議さを実感している。

      じっくり考えてみると、この「自分の肌」に戻してくれたのも、自分の「からだ」とその働き、
      いや、それは自分のからだが持っている役割、すなわち使命なのだ。

      分かりやすく言うと、自分の「からだ」が自分を治してくれるという結論だろうか。
      本当につくづく、人間ってすごいなと思う。

      確かに自分の身体だから、そこに向かう、すなわち健康になろうという衝動は自然である。
      しかし、ここに厄介なことがある。自分で治すと言っても、時間がかかるのである。

      当然個人差が出てくる。症状、程度、環境、こころ、様々な要素が絡み、
      自分の力が治してくれるなんて時期が保障できない。というか分からない。

      この「いつ治るかわからない」という難しさが、大きな問題となるのである。
      「早く治したい」「治ってほしい」という思いと、なかなか症状が進捗しない「ジレンマ」に
      多くのひとが悩み、苦しむのである。
      ここをうまくコントロール出来る人、極端に言うと、そこも気にしない人、は意外と寛解が早かったりする。

      しかし、人間は必ず自分の肌を「きれいな手…」にしてくれると思う。





      スポンサーサイト

      0
        • 2011.08.19 Friday
        • -
        • 20:19
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        calendar

        S M T W T F S
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << September 2017 >>

        リンク

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        recent trackback

        links

        profile

        search this site.

        PR