スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2011.08.19 Friday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    食事とアレルゲンについて考える

    0
       
      ◆ある中学生の話



      昔の話ですが、あるアトピーの中学生とその親御さんと話です。



      そのお母さんは、アレルゲン検査を行なったが、


      アレルゲンで「お米」と指摘された。



      今後の食事内容どうしようかと悩んでいる…と。



      一番の成長ざかりの男の子が、

      米を食べられない」という事態をどうすればいいのか。



      「もうアメリカ人になるしかないですね」

      と冗談も言えないほどの心境でした。






      ◆アレルゲン検査の難しさ



      アレルゲン検査と、その考え方を真っ向から否定することではありませんが、


      検査をして、その結果が出た時点から、全くの食事内容が変わってしまう。




      極端に言うと、アレルゲンにアレルギー化してしまう。


      という現象のケースがあります。





      ◆アレルゲンとこころの関係



      その対象に対して、意識の枠組み、


      すなわち観念としてアレルギー化してしまう


      精神的影響も大きいのではないのでしょうか。






      ◆本来は自然な食生活が目標



      必要な最低限の除去、という考え方は賛成しますが、


      極端な負担やストレス身体には逆効果になりかねません。



      しかも、ご自身の好きな食べ物であった場合には、致命的です。




      やはり目指すところは、


      様々な食材を健康的に美味しく摂取することが出来ること。



      多少のアレルゲンでも、それに強くなるこころと身体を作ること。



      そこを目指したいです。




      極度のコントロールは咲け、常識的な食事をする。






      ◆身体の求めによくこころを傾ける(観念で食べない)



      それゆえに、「アレルゲンはこれ」と情報が入ることで、


      身体の本当の求めに充分目を向けず、頭で観念化してしまう。



      このような食事をとるような行為はどうかと思います。






      ◆意識を変える、強くなる



      過敏に恐れず、少々痒くても大丈夫



      普通に食事をしているほうが楽しい



      と言うような、考え方をおもちのほうがいいのではと思います。


      スポンサーサイト

      0
        • 2011.08.19 Friday
        • -
        • 21:19
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        calendar

        S M T W T F S
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        252627282930 
        << June 2017 >>

        リンク

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        recent trackback

        links

        profile

        search this site.

        PR