スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2011.08.19 Friday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    野菜と皮膚の関係について

    0
       
      前回に引き続き、食事について書いてみようと思います。



      前回は「野菜のすすめ」を書きましたが、

      さまざまな栄養学的側面や、調理法、健康法の視点があると思いますが、


      ここでは、私が体験した感覚、感触に基づいて書いてみようと思います。




      ◆あるお婆さんの一言



      高校から大学時代だと思いますが、

      症状が悪化し、さまざま視点から自分のあり方を模索していました。



      そんなあるとき、あるおばあさんが、


      「あんたもっと野菜を食べないといけないよ」と声をかけてくれました。




      それまでは食事内容、すなわち食べ方など一切考えたことはなく、


      オーガニックなどの身体に害のないものに対する重要性は認識していましたが、



      具体的な食べる種類(何を選択するか)については、理解が浅く、

      菓子パンや、普通の若者層が好んで食べるような内容の食事でした。





      ◆野菜を意識した食事の開始



      しかし、そのおばあさんの言葉がとても心に響きました。



      母にお願いして、多めの野菜や、必ずサラダをつけるように

      協力してくれました。



      特に揚げ物や炒め物、肉などの油の多い時には、

      口の中、もっと言えば身体の中を中和するイメージ、

      洗い流すイメージで、多くの野菜を同時に摂取するようにしました。





      ◆食事内容と皮膚の感触



      油や糖分の多い食事に偏ると、身体が酸化する感じで、

      皮膚の感触や状態もいい感じがしませんでした。




      一方で野菜を多く摂取し、

      口の中も身体の中もスッキリする感触のときは、


      皮膚もスッキリし、浮腫みが少なく、引き締まった感触をおぼえていました。





      ◆自分が身体で感じた食事の考え方



      以上はあくまで、自分が感じ、体験した感触の話です。



      いま思うと、具体的な栄養素もあるでしょうし、

      その辺は専門的な立場からのエビデンスもあるでしょう。



      さらにいうと、やっぱり野菜や米は、土からそのまま生まれたもの

      その土のエネルギー、すなわちそこから生まれた生命の状態をそのまま食べることに近い。




      肉などは、飼料を一旦動物に取り込まれた生成物

      加工食品になると、更にだんだん土から遠ざかって行く。





      ◆食材の生命力と食べる環境



      やはり、人間は基本的には土(大地)に一番近いものを

      生命力として摂取するのが理想なのかもしれません。




      更に大事なことは、仲間や家族などと一緒に楽しく美味しく食べる。


      こころから食事を愉しむこと。


      それが一番大事なことだと思っています。







      次は、食事に関するアレルギーについて書いてみようと思います。



      g






      スポンサーサイト

      0
        • 2011.08.19 Friday
        • -
        • 12:18
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        calendar

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        30      
        << April 2017 >>

        リンク

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        recent trackback

        links

        profile

        search this site.

        PR