スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2011.08.19 Friday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    見られる辛さを考える

    0

       ◆人から見られる「辛さ」


      成人性アトピーはその特徴として

      顔面部の発疹がよく見られますが、

      これが本人ゆえ体験するこころの辛い部分でもあります。



      この「人から見られている」という心情は

      成人の人ならだれでも感じるところだと思います。




      ◆こころの認知


      「人に見られる、見られている」

      認知してしまう(思ってしまう)


      更にその内容は、

      はずかしい、変に興味で見られている、

      不快がられている、嫌がられる

      更には、

      これは自分の本来ではない、もっと自分は正常なんだ… など



      根底の思いはひとそれぞれにあるのだと思います。



      私も、相当いろいろ思い悩みました。思春期でしたから…




      ◆認知を和らげる


      そのストレスを和らげる手段の一つに、

      この自分の「認知」を変える、外すということがあります。



      具体的な一つに、周囲の人間(第三者)が

      そんなに誰も見てないよ。なんとも思ってないよ、ぜんぜん気にならない

      などと表示し、

      再評価の支援をしてあげることも一つです。



      ささやかですが、認知の再構築を第三者が支援することは大事かもしれません。





      ◆さらに支援を求めている人



      中には、そのような再評価の支援を表明しても、


      「そんなことを言われても、私はひどい顔してる」とか、

      「皆やっぱり私を変に見てるのよ」


      と、さらに第三者に対して、評価の支援や援助を求めるような状況であれば

      やはり継続して、信頼関係を作り上げなければなりません。




      継続して交流するなかで、

      「この人は、私の皮膚のことを変に思っていない…」と、

      交流体験のなかで、本人の安心体験を経験する支援をしなければなりません。



      さらには、「私の辛さを分かってほしい」という心情を受容し

      第三者が近づかなければなりません。




      この交流体験の対象者を増やす経験をすること、


      これが、社会化が絡むこころの問題を抱えている

      アトピー症状の方へのアプローチの一つであると感じています。





      ◆認知が変わる、改善へのエポック



      こんな顔でもいい(ひどくても)」と、

      認知が変容する時期は、

      ある程度のこころの改善が進み、


      皮膚の状態に与えるストレスも体質改善に向かうエポックとなると思います。





      ◆こころの成長と安定



      私もまだまだひどいときに、妻に出会いましたが、


      この信頼体験というか、相手に評価され、

      自己に対する「こんな顔でもいいんだ

      という「こころの成長と安定は」



      「見られる辛さ」からくる、こころの負担を和らげ、

      症状の緩和には必要な要素の一つかもしれません。






      スポンサーサイト

      0
        • 2011.08.19 Friday
        • -
        • 20:48
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        海外からも注目の独自の薬も使わずアトピー改善へと導く改善法をお教えします。
        • アトピー性皮膚炎改善法7つの鍵
        • 2011/04/26 9:14 AM

        calendar

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        30      
        << April 2017 >>

        リンク

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        recent trackback

        links

        profile

        search this site.

        PR