スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2011.08.19 Friday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    被災地では言葉が出ない

    0
       

      私の同僚仲間の医療派遣チーム、第1陣と2陣が帰ってきました。

      1陣は、福島県郡山、2陣は宮城県石巻でした。



      ◆現地の様子


      帰ってきたスタッフは皆、神妙な顔つきで、言葉が重い
      特に2陣の石巻チームは、特にそうでした。

      短期間であったが、出会った方々の様子や、言葉の内容、
      実際の現地の被害の光景は想像を絶するものであったと、皆は言います。



      町ごとすべて流され、水田に車が突き刺さり、テレビでは分からない
      空気やにおい。

      その光景を見た同僚は「あの光景は一生忘れないと思う」と述べていました。




      ◆かける言葉がない



      実際に避難所に入ったチームは、医師の医療相談と、看護、心理スタッフは
      「こころの相談」に当たりましたが、

      スタッフは皆、「相当緊張した」、すなわち、「どのような言葉をかければいいのか
      と、スタッフとして相当苦悩したとのことでした。


      語られる内容は、「本当に壮絶な内容だった」と、

      ただただ、その方の幸福を祈り聞かせていただくこと。

      それが精一杯だったと、ある看護師は述べていました。




      ◆花と自然が癒してくれた


      チームは、アートセラピーを実施し、
      一輪の生花を、手作りの花器に入れて楽しむ
      セラピーを取り入れました。


      灰色一色の現地には、華やかな「」「黄色」などの花が放つ自然の美しさ
      皆さんの心を和ませ、明るさを与えたようです。

      一輪の花でも
      自然が放つ美しさのすばらしさに感動したとスタッフは語っていました。

      (ちなみにこの取り組みは東京新聞にて取り上げられました)





      ◆「桜」よ咲け



      東京は1週間程度の遅れで「」が咲きましたね。


      今年も春の季節がやってきて、

      順序どおりに花が咲く。



      この規則正しい自然のすごさや力、ありがたさに感動します。

      また美しいピンクの花を
      一生懸命咲かせてくれる「桜」



      被災地にはどれほどの「桜」が
      元気を振り絞って咲いてくれるだろうか。


      是非、大自然のその優しさと美しさで、

      皆を癒し、励ましてほしい

      「桜」よ咲け。





      今日から第3陣が大船渡に出発しました。

      私も、近日向かうと思われます。






      ポタジエ

      スポンサーサイト

      0
        • 2011.08.19 Friday
        • -
        • 20:47
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        calendar

        S M T W T F S
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        28293031   
        << May 2017 >>

        リンク

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        recent trackback

        links

        profile

        search this site.

        PR