スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2011.08.19 Friday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    「病の向こうに行く」ということ

    0
       
      「病の向こうに行く」

      アトピー性皮膚炎を乗り越えて…


      ◆研修会にて

      私は、至らないながらにも産業カウンセラーとしての資格をいただき、
      少なからずも日々の業務に活かせるよう精進しています。

      そんな私が、やはりレベルアップとスキルアップを目指して
      定期的に研修会に参加する機会があります。

      先般も、臨床心理の一線で活躍されている、ある先生の講義を学ぶ機会に
      恵まれました。とても示唆に富む内容で、ずっと聞き込んでしまいました。

      長年の臨床体験から築き上げられたと思われる、愛情人間性率直な態度
      そこから語られる内容は、一種の自分にとってのセラピーだった感覚でした。

      先生は、ご自身の「原体験」を一つ一つ語られることで、自らのパーソナリティーを
      築き上げた背景を丁寧に述べられていました。



      ◆こころに残るセンテンス

      その話の中でもひとつこころに残るセンテンスがありました。
      「病の向こうにいく」ということ。

      20代で重度のネフローゼになり、長期入院と厳しい治療を乗り越えられた
      ご自身の体験から発せられる言葉の内容は以下のものでした。

      先生は、徳永進の著書「病室から」を取り上げ、「治ること」の定義について
      言及されていました。

      「治る」ということは、病気になる前(状態)に戻ることではない
      医学的にもすべてもとの状態に戻ることは不可能である、ということでした。


      更には、「もとに戻ったらもったいない」
      「病の向こうにいく」ことが重要であると述べられていました。



      ◆「向こうにいく」意味

      この言葉に込められた意味について、多くは語られませんでした。
      「受け止めは皆に任せるよ、自分で熟慮せよ」とも思える語りかけでした。

      この「病の向こうにいく」ことの重要性は、様々に受け止められます。

      病を体験する経験。それは多大なる苦労と悩みの経験をします。
      アトピーについても特有の苦労の経験をします。

      この「経験」とその積み重ねがもたらす、また作り上げられる人格や、
      こころや魂の強さ、人の優しさ、人への優しさ、物事に対する自信や確信、
      掴んだ確信、など、… 

      特に健全な人格形成をもたらす、人との出会いや、アドバイス、その影響と交流
      つまり、自分のパーソナリティーを形成する「原体験」としての経験は尊い体験
      となります。


      今、思い起こすと、そういえばあのときに、あの人と出会っていた、
      あの人からこれを教わった、自分の気付きがあった、あれをもらった…

      今だから気付ける、人との「原体験」

      この辛い経験や苦労とともに経過し、経験する、不思議な仕組まれたような体験は、
      だいぶ経ってからその意味が分かることが多い。


      「病の向こうにいく」

      その先で気付く、またはその先で分かる人生の不思議さとその仕組み



      そのために、苦しいけれど人間は病の向こうに行かなければならない。と思っています。










      スポンサーサイト

      0
        • 2011.08.19 Friday
        • -
        • 22:10
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        calendar

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << July 2017 >>

        リンク

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        recent trackback

        links

        profile

        search this site.

        PR