スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2011.08.19 Friday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    親はむずかしい

    0
       
      そばにいる家族はとてもむずかしい…

      アトピー性皮膚炎に悩む(特に重度などの)本人は相当辛い状況を感じます。
      そして、家族などの周囲との関係と、こころの営みは、
      大いに症状に影響します。

      しかし、それにまして周囲、特に親はとてもむずかしい対応に遭遇します。

      これは、心理にも発達段階によって考え方が違うように、
      症状を起こしている年代によって、親などは、その対応や考え方を
      変えないといけないように思います。

      わたしも今まで症状をもった沢山の親御さんとお会いしました。

      ◆幼児期・小児
      このころのアトピーは、親そのものががんばらないといけなくなります。
      もっと言うと「自分の病気として」受け止めて、そのものの対処を行ないます。

      「自分が体験すべき何かの病気を、子供が代わりに背負ってくれている」くらいに
      かえって子供に感謝しないといけない。

      でも幼児は必ず自分で症状を乗り越えるすばらしい力を持っているので、
      それを信じつつ、ある程度のスキンケアに気をつけながら、
      あせらないで、それこそ「自然治癒力」に思いをあわせてあげるのがいいのかと思います。

      わたしの息子も、0歳から1年間、爆発しつづけましたが、スキンケアのみで
      信じられないくらいの「本来の肌」になり、元気に1歳になりました。

      妻に対してもそうですが、お会いする親御さんにも、
      大丈夫、心配だけど、もうちょっとの辛抱」と、励ましていることもしばしばあります。

      小学生の間も、思春期を迎えるころまでは、学校という社会に出ていることもふまえ、
      他の友達との疎外感などのこころに気を配りながら、
      「自分の病気として」しっかりしたケアーの手伝いが重要かと思います。


      ◆思春期
      異性を意識したり、親友を見つけ出す時期は、大人に向かうステップとして
      症状やその容姿に対するとらわれ、こころが、大きく影響しはじめます。

      先般のテーマ「顔の意味」で触れましたが、その社会性ゆえの悩みの壁にあたります。

      ここで重要なのは「あなたを認めているよ」という意思表示をしてくれる「友人
      の存在や、社会での役どころやスタンスを得られるかが大事だと思います。

      親は、この「自立」を大いに支援しなければなりません。

      この社会との密接な距離を得ることを援助しつつ、治療の正しい情報提供
      と支援は行ないます。まだ、経済的に自立していない分、積極的な治療の支援
      アドバイスは必要かと思います。

      友人との交流やクラブ活動など、辛くてもがんばっていれば、心から尊敬し、
      尊重し、奨励すべきです。それはもう立派な大人になっている証拠です。

      この辛くともがんばっている経験と苦労が、「本当の成人」にさせてくれると思います。


      ◆成人
      本来であれば、社会に出て経済的活動に参画する時期である成人期での
      親のあり方は、非常にむずかしくなります。

      基本的には、精神的にも経済的にも自立していることを、前提としますが、
      症状によって、その障害を起こしている場合は、むずかしい支援となります。

      その場合には、経済的な支援を行ないつつ、
      当然最終的には「自立」への目的にこころを通わせます。

      必要以上の干渉やプライドに触れることが、本人のあせりを助長しますし、
      一方で、やはり親として心配な思いが常におこります。

      一定の距離を保ちつつも、「必ず自立してくれる」と信じつつ、辛抱強く見守ることも
      必要かもしれません。

      しかし、必要以上の支えは必要なく、極度の生活に支障を及ぼしている状態以外は、
      本人のこころ次第で、社会復帰は出来るはずですので、一定の線を決めて、
      時には厳しく、応じることも大事だと思います。

      最初から「だめだ」と否定するのではなく、
      人間として自立する「自然治癒力」、その「力」をこころから信じてあげることも、
      大事だと思います。



      わたしも、長く自宅にひきこもりました。
      今思うと、本当に親の思いはいかほどだったのか…と思います。

      よく辛抱してくれたな…と。

      現在は、わたしの家族や仕事の内容の話を親にするたびに、
      親は自尊心とともに、心から尊敬の眼差しで私の話を聞いてくれています。







      人気ブログランキングへ

      顔はたたかないで

      0
         
        ぱちぱちぱち」と顔をたたきたくなる。
        顔のかゆみに耐え切れなくてである。

        成人性アトピー、特に重度の症状の中に、「白内障」さらには「網膜はく離」
        を併発する人がいる。

        もちろん私もなってしまった。視力低下の進行には勝てなかった。
        結局は白内障のオペをした。

        この重度症状に併発する視力低下、すなわち「白内障」に悩む人も多いのではないか。
        私も何人か、その進行に悩む人と関わった。

        本人の生活環境や状況にもよるが、基本的に生活が不自由になれは、手術をすすめる。
        この「白内障」や「網膜はく離」の問題については、別の項目で述べようと思う。

        ここでのテーマは「ぱちぱちぱち」である。

        これはおそらく、視力低下すなわち「白内障」の進行に少なからず関連する。

        眼科医も成人性アトピーからくる視力低下には、目の周囲に対する外的刺激、
        「目をよくこすったり、たたいたり」が原因すると言及する医師が多い。

        成人性アトピーの共通項のひとつである、顔面部の発疹。頬や眉、おでこに出るケース
        が多い。当然そこがかゆいと目の周辺を掻いたり、たたいたりのケースが出てくる。

        特に「たたく」行為はよくない。この行為で視力低下すなわち「目のかすみ」が一気に
        進んだ。

        やはりこれは気をつけなくてはいけない。

        「皮膚から出る」という衝動を「眼球から出るという衝動」に変える助長をしてやまない。

        決して顔のかゆみには「ぱちぱちは禁物」である。



        1

        calendar

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << July 2017 >>

        リンク

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        recent trackback

        links

        profile

        search this site.

        PR